お問い合わせ

お知らせ

HOME > お知らせ > 『みどりはどうなった?』2019秋の授業に参加しました。

『みどりはどうなった?』2019秋の授業に参加しました。

2019年09月27日

 昭和52年に発生した有珠山噴火で失われた緑を再生させる取り組みの一環として関係機関や砂防ボランティア協力のもと「みどりはどうなった?」が開催されました。
 年2回(春・秋)洞爺湖町内の小学生を対象として開催している授業ですが、今回は「宝物探し」と題し湖畔林で色々な木々の種を採り、湖畔林にどんな木が生えているか、どのくらいの大きさだったかなど洞爺湖の「みどり」について皆で勉強しました。

Image of 『みどりはどうなった?』2019秋の授業に参加しました。 1
北海道職員の方による「有珠山噴火のおはなし」からスタート。
Image of 『みどりはどうなった?』2019秋の授業に参加しました。 2
湖畔林での「宝物探し」みんな一生懸命に種を探しています。
Image of 『みどりはどうなった?』2019秋の授業に参加しました。 3
班ごとに採って来た「宝物」を皆に発表しています。
Image of 『みどりはどうなった?』2019秋の授業に参加しました。 4
来年の春の授業のために、トチノキとミズナラの種子をビニールポットに播きました。
Image of 『みどりはどうなった?』2019秋の授業に参加しました。 5
最後に、播種した苗用ポットを前に並べて記念撮影。おつかれさまでした。